ブログ

田舎で飛ぶドローン

こんばんは!お盆明けです。
先日帰省先で目撃したドローンについて 。

ドローンは飛行制限区域だと、そもそも設定上機体が飛ばなかったり、
風速10M以内でないと飛ばせなかったり、電波と機体の相性、許可の問題、
バッテリーの取り扱い等いろいろあり、仕事で間違いなく飛ばすとなると、シッカリとした知識が必要です。

中でも一番は天気との兼ね合い。
天気を読みながらスケジュールを組んでいくのが最も大変な作業です。

しかし、晴れの日で撮影できた映像はとても美しく満足感もひとしお。

そんなドローンですが、先日、帰省先の田舎で目撃。
それはドローンというよりは、もはやヘリコプターとでも言うべきでっかいやつで、気持ちよさそうに田んぼの上を行ったりきたりしていました。

何を撮影?と興味津々に見ていたら、どうやら農薬を散布していた様子。操縦者も、農作業に身を包んだ初老の方で、田舎ならではのちょっと珍しい光景でした。

撮影以外でドローンが実際に使われている光景は初めてだったので、じーっと観察。次の帰省ではドローンで田舎の田園風景を映像に収めてみたい、 とボンヤリ考えながら帰宅の途についた1日でした。

弊社では、不動産の環境映像やスポーツ映像、会社紹介や旅館のPR映像等に
ドローンを使ったりしていますので、ご入用の際はぜひ。

関連記事

ページ上部へ戻る